ブログ

医療との付き合い方

医療との付き合い方を考えてみたよ。

過剰な医療と依存する人たち

コロナの影響で、個人の健康観に随分変化があったように思います。感染の恐怖から、軽い症状や持病があっても受診を控えるという事があって、みんな、気が付いたんじゃないかな?

そんなに病院に行かなくても、人間の体にはちゃんと自然治癒力が備わっていて、2週間に一回とかそんな頻回に受診しなくても何ともなかったって方が多かったという事実。

ていうか、今まで過剰に病院に行き過ぎていたんじゃないかって思いませんでした?

ちょっとケガしただけで、ちょっと風邪ひいただけですぐに病院に行く人。たくさんいると思うんです。最近は薬莢でも病院でもらえる薬と同じ薬が買えますが、病院でもらう方が負担が少ないからかなぁ?

私は元々病院が好きではないので(看護師だったくせに)、ちょっとした風邪くらいでは受診しないので、そう思うのかもしれませんが・・・。

まぁ、それぞれの事情で受診をするんでしょうからそれはそれで構わないのですが、病院側としては受診してくれば薬を出すことになるしそれぞれの症状に合わせて薬の量も受診を繰り返せば増える傾向にあります。

本当にその症状は受診する必要があるのでしょうか?

今の医療に対して思う事は、本当に「過剰」だし、「依存」を産んでるんじゃないかな?

「今」ではなく将来の為に「保険」にエネルギーを注いでた?

ちょっと保険料の話。「お金」はエネルギー。

これからの生き方を考えていく中で思ったのは、今まで、「保険」というものにエネルギーを注ぎ過ぎていたんじゃないかなと思うのです。

そう思ったのは看護師を辞めてフリーになった時の「お金」の流れを実感した時、年金や保険の金額があまりにも貰う給料に対して割合が多いと感じたことから始まりました。。
会社に勤めていれば、年金や保険にかかるお金は会社が半分出してくれる。
これ、本当にありがたい話だよねぇ。

ありがたいんだけど、その負担をしてもらう代わりに稼げる範囲を制限されてる気がします。

会社に勤めていたら、会社の言う事を聞いてれば「半分負担してあげるよ」「会社が提示する給料で我慢したらね」っていう事。ですよね。

私は、「これ以上自由に稼ごうとしたら大変な事になりますよ!」って言われてる気がします(((o(*゚▽゚*)o)))

保険料が払えなかったら、医療費の負担がすごい事になりますよね。医療費ってかなり高いですよ。本当に・・・。
ちょっと手術なんかしたらひと月の給料なんて軽く吹き飛びます。

だから、保険料は払わなくちゃ怖い事になる。

だけど、保険料を支払う事は自分だけの為ではなく、日本に住んでいる人たちの医療を支えるためです。だから、とても大切なシステムだと思うのです。

この大事なシステムを維持するためにも、医療との付き合い方を、今こそ考えておくべきだなと思います。(医療費がかかりすぎてるらしいよ!)

健康行動の矛盾

ひとつは、患者さんとなる人自体が、自分の健康を維持するという事以外にエネルギーを使いすぎているという事があると私は考えています。

つまり、【健康である為の行動が矛盾している】という事ですね。

例えば職場環境が原因でうつ病を発症した人がいたら、原因は職場環境なのでまず最優先するべきことは仕事を休んでしっかりと休養をとることです。だけど、責任感や家族のこと、経済的な事が原因で休むことが出来ない。
うっかり休んで会社をクビになったら、支払いやら家賃やらが払えなくなる。だから働かないといけない。
だから病院に行って薬をもらいます。
今の生活が続けられるように。でも、薬はその場しのぎなので、根本原因を何とかしなければ、症状は軽減しないのでずっと薬を飲み続けなければなりません。薬は副作用もセットです。

何が大事なんでしょうね。

もっと、自分の健康を優先できないかな?
私、栄養ドリンクのCMを見ると「そんなん飲まなあかんのやったら、休もうよ!」と必ず突っ込みを入れています。

コロナの影響で自粛が続いて、免疫に注目が集まっているのに、どうしてもっと休まないのかな?

免疫を上げるために腸内環境を整えなくてはいけない。だから食物繊維の多いものや発酵食品を食べる事はするのに、一番大事な「休む」ってことはしない。

うつ病になるほど追い詰められてるのに仕事を休もうとしない。

なんでだろうねぇ。矛盾してない?自己犠牲の精神かな?

こういう矛盾は医療に限った事ではないんだけど、ひとつ考えられるのは今の医療にかなり依存しているということ。矛盾している事ってなんとなく依存と関わりが深いと思う。一方で嫌と言いつつ離れようとしない。そこにはほとんどの場合損得勘定がある。嫌だけどそうしている方が得という考え方。

職場環境が原因でうつになった人が、病院で薬をもらいながら仕事を辞めないのは、仕事を辞めて好きな事をして経済的に不安定になるよりも病気でいる方が安定するし、職場のせいにしておけば自分は被害者でいられる。被害者でいる方が大切にして貰えるしね。それに、もし仕事を辞めてうつが治ってしまったら・・・😱「やっぱり弱い人間だ」と言われかねないからね。

でも、そうやって医療に依存していては、いつまでたっても本当の健康は取り戻せない。
自分の病状が良くならないことを、医者のせいにしたり、看護師の対応のせいにしたり、職場のせいにして心の中に我慢と不満をいっぱい貯めて生きることになる。

いつまでその矛盾をそのままにしておくのかな?

今の医療に固執しない

もう一つは、今の医療以外にも自分に合った健康法を見分ける目を持つということ。

ここでは情報を見極めることが、かなり大切になります。なので慎重にならざるを得ないのですが・・・。

ヒソヒソ( ´ノω`)コッソリ
難治と言われる病気程、もしかしたら今の医療では限界かもしれないと思います。

よく耳にしませんか?「医者も見捨てた病気が○○で治った」とか・・・。

胡散臭いと思うでしょうが、あながちそうとは言えない現実が起こってきています。

今、保険適応外での治療が沢山あります。保険が適応されないので多くの病院では導入していませんが、海外では既に導入されているものもあります。今ここでそれらを一つ一つ挙げていくことはしませんが、気になっている人はたくさんいるはず。

代替医療というものですね。私は好奇心の方が勝ってしまうので、代替医療とかヒーリングとか何とかセラピーなどは大好きですが、お金がかかるので敬遠する人も多いとは思います。「なんで保険料毎月払ってるのに、保険適応以外の治療を受けようなんて思うのか」と言う人も沢山いると思います。でも先に書いたように、保険は自分だけの為ではなくて、社会全体の助け合いのようなもの。毎月、国に寄付していると思うとそんなに目くじら立てる必要もないかもしれません。(o^―^o)

逆に、保険料を払ってるからとの損得勘定で、自分の健康の為に必要な事をしてないのかもしれません(これ、貧乏マインドだよねー私ずっとやってたわ)。

自分の心地いいを選ぶ

そして、何回も何回も言いますが、心と体は繋がってます。

治療の科学的根拠ももちろん大切ですが、自分が一番心地いいと思う治療を選ぶことが大切です。

おのころ心平さんの講演会に参加してきました~。 7月22日、セミナーに参加してきました。 おのころ心平さん、川嶋朗先生さん、福島正伸先生(クマ)さんのコラボセミナー ...

その為には、どんな情報を選び取るかと自分の体が何にどんな反応をするのか(決していやらしい意味ではありません)を知っていることが大切です。

自分の体とちゃんと会話していますか?

医療が切迫してきている今、色んなお薬や治療が今後保険適応外になる可能性もあるそうです。

WHOが提唱していないと信用できない。国が認めていないのに信用できない

そういうのは、もう手放した方が良いかもしれません。自分が健康でいるために何が良いかを知っているのは誰でもない自分自身だってことです。

自分で選んで、選んだことに責任を持つ   怖いけどね。

自分の事を

医者や

看護師や

病院や

国や

WHOや

親や

誰かに決めてもらうのは、

もう終わり!

カウンセラーが作るHP*今なら格安で! HP制作
体験カウンセリング募集中です。