プロフィール

Yukiko Abeです。

はじめまして。Yukiko Abe(阿部由紀子)です。

元精神科の看護師で、心理カウンセラー。

最近は、HPの作成代行も始めました(≧◡≦)。現在更にハマってしまいillustratorとPhotoshopを勉強中。デザインは楽しいですね!

堅実に、正しく生きていたアラフィフの私が、どうしてカウンセラーを始めたのか。

Yukiko劇場のはじまりです。(≧▽≦)。よかったら最後まで見てね

辛かった結婚生活~自律神経失調症~

岡山県で出生。幼少期は大阪の堺市で過ごしました。
高校を卒業後は「女性も手に職を!」「看護師なら国家資格で食いっ逸れ無い!」という父の願い通りに看護専門学校に進学。卒業後は一般病棟7年、看護学校3年勤務しました。

30歳で結婚を機に愛媛県に移住。看護師の仕事をやめて、専業主婦となり可愛い3姉妹に恵まれこれから順調に人生が送れると信じていました。

最初は、「子育ても家事も夫の手伝いも全部頑張ろう!」と意気込んでいました。

なのに!
子育ては思い通りにならない事ばかりで時間を取られるばかりで何にも進まない!!
家事も夫の仕事の手伝いもすべて中途半端になり、なんとかしようとして藻掻いているうちに、朝起きれなくなってきました。

「このままだと、夫に愛想をつかされてしまう…。」

更に焦る心と裏腹に、夜は眠れなくなり体がずっと怠くて横になっている時間が増え、そのうち夫が帰ってくる時間になると動悸が止まらなくなっていました(´;ω;`)。

「このままじゃだめだ!」

意を決して受診した心療内科では「自律神経失調症」で「軽い抑うつ状態」だと言われました。処方された薬を飲み、受診するたびにゆっくり先生に話を聞いてもらう事で、だんだん自分を取り戻していきました。

離婚。シングルマザーとなり、看護職に復帰

病状は回復していきましたが、夫の関係は冷え切っていました。夫に相談して頼ることが私には出来なかったんですよね~。
行き詰った私は
「このまま結婚生活を続けていくことはもう無理だ(T_T)」と思いました。
そして、三女が小学校に上がった年、3姉妹を連れて家を出ました。

幸い、看護師という資格があったことで精神科病院に再就職することが出来ました。経済的にはとても苦しかったけど安心して暮らせる環境を手に入れました。

ところが、離婚をしたことで窮屈な夫との生活からは解放されたのに、「結婚生活を全うできなかったダメな母親」「離婚したから子どもが可愛そう」と言われたくなくて、更に一人でなんでも頑張ろうとするようになりました。

仕事でもプライベートでも他人の言動が気になり、自分と意見が違う人に対して不満が強くなり「なんで理解してくれないの」と自暴自棄になったりしました。

 

心屋塾との出会い。誰も悪くなかった。

そんなこんなでドタバタした日常を何とか繋いで、表向き体裁を整えながら生活していたのですが、一つの出来事がきっかけで今までの頑張ってきた気持ちがプツンと切れました

長女が3年生の時から、次女、三女と9年関わっていたバレーボールで三女が退団する最後の最後に、他の保護者とトラブルになったんです━Σ(゚Д゚|||)━。

「今まで我慢して頑張ってきたのに」という思いと「三女が卒団する最後の行事がめちゃくちゃになってしまった」ことで、私の全てを否定された気がして、本当に人が怖いと思うようになりました。

そんな中、以前テレビ「ナイナイアンサー」に出演していた「心屋仁之介さん」のブログに出会いました。毎日読み漁っているうちに、自分の中にも相手の中にも「正義」があって、それは人それぞれ違う。自分を守ろうとするあまりに「自分の正義」を相手に押し付けようとしていたことに気が付きました。

誰も悪くなかった。そう思うと徐々に気持ちは楽になりました。

同時に、当時働いていた現場では、入退院を繰り返す患者さんへの看護に行き詰まりを感じていたこともあり、本格的に心屋のカウンセリングを学びたくなりました。

半年かけてカウンセリングを学ぶ「心屋塾マスターコース」の105期の受講を決めたのです。

人生のバンジージャンプ。心屋塾マスターコース105期

この、「心屋塾マスターコース」に参加するためにはいくつかの壁がありました。

・高額な授業料

・月1回~2回の京都への交通費と宿泊費

・その度に有休を使う事

・子どもだけにしておく時間が増える事 等

他にもたくさんの心の葛藤がありました。思い切って飛び越えた先にはたくさんの気づきと出会いがありました。

受講している間にもたくさん今までできなかったことをやってみて、知らず知らずに自分を責めて否定していたことに気がついなのです。「私風情がそんなことをしてはいけない」という壮大な「拗ね」です。

一緒に受講した仲間たちや講師、アシスタントにも無条件に受け入れられる体験をして、もっと自分を信頼する事が出来るようになってきました。

 

これからの自分の生き方を考える

心屋塾マスターコースを受講した2019年は、私にとって大きな変革の一年でした。

私は、人に頼ることが出来なかった。「私のような努力の足りない者が助けてもらえるはずがない」

一緒に考え一緒に悩んでもらう事を「依存」だと勘違いしていました。

「助けて」「嫌だ」と言えるようになったことは、私にとって大きな収穫でした。

そして、10年間勤めていた精神科病院を2020年3月に退職し、心屋認定カウンセラーをしながら自由に生きていくことを選びました。

love
希望(のぞみ)を形にする。∼HP作成で気が付いたこと∼ホームページを作ってみて感じた事 私のこのホームページ、とても好評頂いています。 私は、決してパソコンやインターネットに詳し...

 

「心の病」は治る。

2019年、私は心屋塾マスターコースに通いながら、自分の生活を見直していきました。学んだことを実践していくうちに、病院の場でも活かせると確信しました。

その中で少数ではあるけれど、長年うつ状態が改善せず入退院を繰り返した患者さんや、躁鬱を繰り返すシングルマザー、いわゆる毒親により生きる気力がなくなった女の子子どもの引きこもりに悩むお母さん、虐待が原因でパニックを起こし夫との関係に悩む女の子たちが、少しずつ我慢して背負いすぎていた荷物を降ろして楽になっていく様子を見てきました。

心の病は治る。

心を病んだ人たちは、今までの失敗からたくさんの傷を受け、それを自分が悪かった、自分が足りなかったと自分を責めている人がほとんどです。

死にたい気持ち
うつ病の原因は「罪悪感」あなたが無理をして、自分を犠牲にして誰かを助けたとしても、その誰かはそんなことを望んではいない。 うつ病で入院した患者さんのほとんどは...

そこに気が付いて自分の感情を吐き出すと本当に楽になっていきます。

そして、自分が本当に生きたいように生きることが出来たら、心は病んだりしない。

そうは言っても、この社会には自分らしく生きようとすると逆風が吹いて足元をすくわれることも沢山あります。今の私も逆風に煽られて倒れそうになったり、後戻りしたりする毎日です。

このホームページではそんなアラフィフのおばさんが

皆さんに少しでも楽しんでもらえるように、

支えになれるように、

そして

私たちみんなが自分らしく生きるために、どうすればいいかを考え提案していきたいと思っています。

よかったら、時々覗いてみてくださいね(≧◡≦)

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

カウンセラーが作るHP*今なら格安で! HP制作
体験カウンセリング募集中です。